ナイトワーク中心
中高年男性をサポート


クビになった新卒の再就職

新卒者が就職活動をして、見事に仕事先を確保することができても、一般的な企業の多くは3ヶ月間の研修期間というものを設けています。この期間に仕事をして会社側が問題ないとされた際に初めて正社員として勤務できるということも決して珍しいことではありません。しかし、研修期間を設けていても、設けていない会社でも新卒者の中には早期にクビになってしまうということも少なからずあることです。本人に何かしらの問題があるというケースと、会社側の事情よるものに分類できますが、早期にクビになってしまった際には直ぐに再就職を望むことになります。2018年以降は特に求人倍率が高めに推移していることもあり、中小企業の中には社員募集をしても人が集まらないということも多いとされています。新卒でクビになってしまった方は、従来通りに再就職を目指して自分の目的にしている分野の会社の募集を探すことが最も理想的になりますが、そうではない環境にあるようであれば、中小企業に範囲を広げてみることも間違いではありません。今では最初に勤務した会社で一生を終えるという方が減少傾向にあるので、2社や3社の転職を経験していることも目立つようになりました。このことから、再就職を検討して探していても、その会社で一生を終えるということにはならないとも判断できるので、新卒の方は焦りを感じてしまうものですが、まずは、直ぐに仕事をスタートできる範囲の会社を探すことも良い方法です。前職がクビになってしまっても、この問題は現在では大きな問題にならないケースもあるようです。その理由として個人情報を徹底している世の中になるので、些細な情報も普通の良識を持った会社の場合では外部に漏らすことがありません。以前の古い時代では、新しく募集に対して応募してきた人の調査として、前職の会社に問い合わせをするということも頻繁に行われてきた時代的背景があります。この時点で退職理由が知られてしまうことになり、不利な条件がぬぐえないということもありましたが、今では電話を掛けるという風潮ではありません。たとえ前の職場に電話をしたとしても、個人情報に該当するので退職理由が知られてしまうことが無いと判断できます。その結果としてクビになっても一つの人生経験と考えて、反省と切り替えをして新しい職場探しをすることで成功の道が拓けます。新卒者の場合は年齢がまだまだ若い方が該当しているので、再就職については問題にならずに新しい分野でもチャレンジできます。

短期バイトから正社員まで
中高年男性の求人・アルバイト


トップへ戻る