熟女出会い

熟女出会い系アプリで知り合った40歳の美魔女は想像を超えるテクニックの持ち主でした

28歳の時に結婚したいと思っていた彼女にプロポーズした結果、撃沈して以来女性と付き合うのが怖くなっていました。

 

辛い気持ちになるくらいなら独身でいた方が楽だったので、仕事がない日は趣味に時間を費やしていましたが、何だか物足りません。

 

女性と付き合うのはプロポーズを失敗して懲りてはいたものの、遊ぶとなれば話は別です。友達やセフレという関係の女性を見つけることができれば、相手がいるので性欲の解消はとても楽になります。

 

ただ、女性に声をかける勇気はなかったのでナンパは無理でしたし、コンパに誘ってくれていた友達は結婚してしまったので、全く期待できません。

 

どうやって出会えば良いのか悩んだ結果、出会い系サイトの利用に踏み切りました。熟女出会いアプリはナンパをするよりも遥かに楽な気持ちで女性にメッセージを送信できます。
また、エリアや年齢、目的など相手を色々な条件で検索可能な点も出会い系サイトに興味を持った理由の1つです。

 

そこで、名前を聞いたことがあった大手の熟女出会いアプリに登録すると、短時間で複数の女性からメッセージをもらえました。

 

こちらからアプローチをしなくても女性の方からきっかけを作ってくれるのは本当にありがたいです。熟女出会いアプリは楽勝と思っていましたが、現実は甘くなかったです。

 

登録した直後にメッセージをもらった女性とはすぐにやり取りが終わってしまい、出会うことができなかったです。こうなったら自分で探すしかないので、20代や30代の女性をメインにメッセージを送ってみたものの、反応はイマイチでした。

 

ここで1つ考えたのは、40歳以上の熟女にターゲットを絞ることです。20代や30代の女性を狙っている男性は多いですが、40歳以上になると少なくなるのではと予想しました。

 

そこで、熟女出会い系サイトに登録して掲示板の書き込みを調べてみると、夫と数年間営みがなく、寂しい毎日を過ごしている熟女の人妻を見つけました。

 

欲求不満で登録した熟女の人妻なら勝機はありそうなのでメッセージを送信してみると、想像していた以上に食いつきが良かったです。

 

ただ、用心深いところもあり、出会い系サイトでやり取りをしている中では写真を見ることはできなかったです。

 

それでも、会う約束はできたので駅前で待っていると、事前に教えてもらっていた髪型や服装に当てはまる女性を発見し、声をかけると本人でした。

 

はっきり言って容姿には期待していなかったのですが、40歳というよりは30歳くらいに見えました。初めての熟女出会いアプリで対面した女性にしてはアタリだったので、後はどうやってホテルに誘えるかどうかです。
とりあえずカフェに入って改めて自己紹介をしたり、近況について話をしたりしていたところ、熟女の人妻に子供はいないうえ、夫は単身赴任中でしばらくは帰ってこない状況だとわかりました。カフェで打ち解けてホテル街の方へ進んでも人妻に嫌がる様子は見られなかったです。

 

勇気を出してラブホテルで休憩することを提案した結果、すんなりと受け入れてくれました。部屋に入ってからいちゃいちゃしている中でわかったのは、熟女の人妻は予想していたスレンダーボディではなく、ムッチリボディでおっぱいが大きかったことです。

 

巨乳が大好きで我慢できなくなり、そのまま押し倒しました。人妻はかなり久し振りだったようで、キスをするだけでもかなり濡れていました。また、

 

クンニをした時は我慢できなかったようで、エロい声で喘いでいました。自分も彼女と別れて以来のセックスだったこともあり、1回目はすぐに果てましたが、2回目はじっくりと責めることができましたし、3回目は熟女の人妻のフェラテクニックを堪能して合計で3回も射精しました。

 

40歳の熟女の人妻とはこの後も10回ほど会ってセックスしましたが、夫が単身赴任を終えてからなぜか連絡が取れなくなりました。エロい体やフェラのテクニックが最高な美魔女だっただけに残念です。

 

しかし、熟女出会い系サイトにはたくさんの女性が登録しているので、次の出会いに期待しています。熟女出会いアプリ

 

熟女出会いアプリで美魔女宅へ乗り込みました

私は和歌山県和歌山市在住の独身男性で、31歳になります。

 

一人暮らしをしており、熟女出会いアプリで不特定多数の女性を漁ってました。

 

そんなある日曜の夜、42歳の女性と出会い系サイトで知り合いました。

 

明日仕事だな〜と考えると、日曜の夜ってテンションがあがりません。

 

早めに食事とお風呂を済ませ、夜22時には自室のベッドでゴロゴロしてました。

 

すると出会い系サイトの掲示板で暇してそうな女性の書き込みを見つけたので、すぐ連絡をいれました。するとすぐに返事がきます。

 

相手の女性は42歳。濱○マリ似だったのでマリちゃんと呼びましょうか。

 

マリちゃんは飲み屋で働いてるものの、日曜は定休日なのですごく暇なんだそう。

 

地元の飲み屋街って日曜定休日なので、飲み屋勤務だったら暇なのもわかります。

 

でもマリさんは夜に仕事するという生活サイクルなので、日曜の夜って暇で仕方ないんだとか。

 

確かに日曜の夜ってテレビ番組も面白そうなのないですし、普通に仕事してる人は明日から仕事か〜と思うと遊ぼうって気にはなれません。

 

私もそうですし、なのでマリさん、ちょっと暇というか心寂しいって感じだったんだと思います。

 

私も翌日は仕事ですが、女性と会えるとなれば話は別。

 

睡眠時間なんて1,2時間あれば十分だし、マリさんさえ良かったら会って欲しいな〜とお願いしました。

 

するとマリさんから、マンションで一人暮らししてるからウチくる?と誘われたんです。

 

出会い系サイトで、しかもまだ会ったことない女性宅に押しかけるなんてヤバイに決まってます。

 

でもこの時の私は、もしかしてこの女ヤリタイモードなんじゃね?とポジティブに考え、マリさんの指定するマンション入口まで出向きました。

 

マリさんから指定されたのは、和歌山市旗屋敷にある某マンション1階入口前。

 

入口近くに駐車をしてハザードを出し、マリさんが来るのを待ちました。

 

するとマリさんから、もしかして入口前でハザードだしてるのがそう?と連絡が入ります。

 

そうそう!と返事をすると、すぐに女性がマンション内からやってきました。

 

外見は俳優・濱○マリ似で、小柄で細い感じ。若くは見えるものの、45歳〜50歳ぐらいって感じでしょうか。

 

でも顔自体は悪くない。というか、むしろ上品な年上姉さんって感じでイケます!

 

白のセーターに黒のパンツというゆるゆるな服装でしたけど、出掛けるわけじゃないならこれもわかります。

 

とりあえず車内に入ってもらってお話をし、お互いの第一印象チェック。

 

幸い私は気に入ってもらえたようで、じゃあウチ来てみる?と誘ってもらえました。

 

車は近くのコインパーキングに止め、マリさんと一緒に先ほどのマンションに入っていきました。

 

部屋は6Fにあり、間取りはLDKでした。そこそこの年齢とはいえ、女性だけあって部屋の中にはぬいぐるみ等が置いてあります。

 

案内されたのはベッドのある部屋で、コタツテーブル前に座りました。

 

マリさんからお酒飲む〜と聞かれたものの、今日は車だからお茶でいいですよ〜お気遣いなく〜と返します。

 

すると私にはウーロン茶を出し、マリさんは悪いけど遠慮なく飲むね〜とビールをグイグイ飲み始めました。

 

一応マリさんと会えましたし、スッポカシというかイタズラの線は消えました。

 

室内に男性と暮らしてる痕跡はないですし、大丈夫かな〜と思いつつもまだちょっとビビってました。

 

するとマリさん、お酒飲んでちょっと気持ちよくなって来た〜、シャワーちょっと浴びるねといってシャワールームに移動したんです。

 

え?いきなりシャワー?早くして欲しいってサインですか?でも手を出すと怖いお兄さんが来るかも?と色々と悩みました。

 

そうこうしてるうちにマリさんはシャワーから出てきます。バスタオル一枚のお姿で。

 

バスタオルで胸〜お尻まで隠してはいるものの、肩・鎖骨・胸元・太もも等は完全露出状態で超セクシー。

 

マリさんは私の真後ろにあるベッドに腰をかけ、こっちにこない?と私を誘ってきます。

 

色々と悩みましたが、とりあえず一発やるか!と結論を出し、マリさんに誘われるがまま隣に座りました。

 

マリさんにキスをすると、ギュっと抱きついてきます。しかも熱烈に。

 

マリさんの方から舌を絡めてきますし、こちらも舌を入れ返すとン・・ンフ・・とマリさんの口から声が漏れ出しました。

 

マリさんをベッドに倒してあお向けに寝てもらい、バスタオルをとります。

 

それなりの年齢なのに、胸の形は崩れていないしなかなかのスタイル。

 

特にウェストのクビレと豊かなヒップラインがエッチな感じで、すごく興奮しました。

 

胸を撫でるように触ると、それだけでマリさんはン・・と反応します。

 

胸をもみつつ、たまに乳首舐め。

 

乳首周辺をなぞるように舐めたり吸い上げたり。

 

その度にマリさんは声を出して反応してくれるので、こっちもヤバイぐらい興奮してきました。

 

マリさんの両足を開かせ、マンコへと手を伸ばします。

 

最初は濡れておらず、あれ?まだ触るのは早かったか?と感じました。でも違いました。

 

指に唾をつけてからビラビラの奥へと指を侵入させると、中からドロっとした愛液が溢れ出てきました。

 

指に愛液を潤滑油代わりにつけ、クリを撫で回す。

 

クリは相当感じるようで、声だけでなくマリさんの腰が跳ね上がってました。

 

膣内い指を入れると、キツくはないが熱い愛液が絡み付いてきてなかなかの心地よさ。

 

出し入れしてるうちに興奮度が高まり、MAX状態になった愚息を挿入。

 

最初は反応が弱かったものの、馴染んできたらヤバイぐらいマリさんの反応は良くなりました。

 

マリさんが感じてるくると締め付けがキツくなり、このキツさがやばいぐらいの気持ちよさ。

 

結局10分程度で発射したんですけど、若い娘にはない気持ちよさで満足しました。

 

ただこれでマリさんは満足出来るはずもなく、シャワーでキレイにしてからフェラ。そして二回戦開始。

 

結局休憩を入れながら4時までやってました。

 

マリさんとは日曜夜に会うセフレとなり、数ヶ月楽しませてもらいました。

 

エロ熟女の羽ばたきはスゴかった

僕はテレビの制作をしている者です。ご存知、テレビ業界は多忙を極め家に帰れないこともしばしば。そんな時の楽しみは、出会い系で知り合った熟女にご飯を奢ってもらい、ホテルでまぐわうこと。家に帰れないので、ホテルでセックスもでき風呂にも入れるので一石二鳥、いやそれ以上のものです。しかし、そこまでさせてくれる人は1ヶ月に1人いれば良いほうで、なかなかそんな人はいないもの。

 

その日もダメ元でアタックした釈由美子似の写真の熟女にアタックしたところ、なんとすぐにOKの返信。しかも会社近くの焼き鳥屋を予約してくれるという。

 

早速、指定された焼き鳥屋へ。換気も十分で上品なお店。かなりお高そうなお店だ。

 

入ってみるとカウンターの隅に、写真とまごうことなき釈由美子、いや釈○子似の美魔女がいるではないか。僕にも気づいたのか、顔の脇で小さく手を振る仕草がなんとも可愛らしい。
僕「初めまして」

 

美魔女「ごめんなさいね、こんなおばさんくさいお店で」

 

いやいや、全然平気です。

 

もう注文はしてくれたみたいで、盛り合わせとサラダをつまむ。お酒も進み、お互い口が滑らかになったところで少し突っ込んだお話を。

 

僕「なんのお仕事してるんですか?」

 

美魔女「実は…、銀座のクラブで働いているんです」

 

なんと、銀座のクラブとな。どうりでお金がありそうで、美容にも気を使っているわけだ。

 

クラブのお客さんのおもしろ話なんかを聞いていると、すぐに時間が経ち、終電がなくなってしまった。まあ、開始の時間が遅かったので。というか、僕は会社に泊まる予定だったのでいいんですが。

 

さて、お会計も済ませた後は夜の街をふらふらと歩いていると、うっかりホテル街に。

 

美魔女「電車なくなっちゃいましたね。私出すので一緒にいてくれませんか?」

 

僕「僕なんかでいいんですか…」

 

美魔女がサクサクと部屋を決めてくれ、すぐに部屋へ。

 

僕「じゃあ、先にお風呂は入りますね」

 

美魔女「なんで?そのままがいいの」というわけで即尺です。

 

熟練の頬張り、吸い付き、今までのどんな風俗よりも気持ちいい。

 

もう美魔女はよだれをだらだら垂らして、勝手にオナニーも始めちゃってる始末。

 

このときから僕はもうなすすべなしで、そのままベッドに押し倒されました。

 

騎乗位で跨られると、ずっぷりゴムなしで挿れられるハメに。

 

いや、もうこれがすごいんです。肉棒が千切れんばかりに腰を振り、髪をふりみだす釈由美子は圧巻でした。

 

後ろから突いて、とのリクエストに答えバックをすることに。

 

美魔女「激しくして!お尻叩いて!」

 

バッシンバッシン叩いてやりました。

 

赤くなるお尻の柔肌とそのたびに締まる膣圧に、僕の硬直棒は我慢の限界。

 

僕「イっちゃいそうです…」

 

美魔女「いいよ、中に出して!」

 

中出しをすると、こちらを振り返りウットリと恍惚の表情をする美魔女。

 

蜜壺からは、どろりと垂れる精液。それを指でなぞり美魔女は自分の口に運び、ペロリ。

 

美魔女「若い精子おいしい…」

 

そこから、指で掻き出し、ありったけの精子をなめ取りました。

 

それから朝まで一緒に寝てしまった二人。彼女は颯爽とタクシーに乗り、また顔の脇で小さく手を振って去って行きました。

 

僕は会社に戻り、少し仮眠をして仕事をしました。

 

これが僕の美魔女との思い出です。夜の蝶が羽ばたく瞬間を見ました。